兵庫県釣連盟
サイトマップ 個人情報保護方針

しおさい

日釣連グレ釣りトーナメント 優勝コメント

先月に開催された日釣連グレ釣りトーナメントにおきまして、明翔会姫路の石井宏明選手が優勝されました!

おめでとうございます!!

優勝コメントを送って頂きましたのでフォトギャラリーと一緒にご覧ください。

また、波友会の西尾光治選手も3位入賞と健闘されました!おめでとうございます!!


優勝コメント・フォトギャラリー

この度、第26回日釣連グレ釣りトーナメントに優勝しました石井宏明と申します。
日釣連グレ釣りトーナメントは今回より参加選手を過去の48名から32名に削減し、より一層品位の高い大会を目指し、6月7・8日、三重県(尾鷲の磯)で開催されました。
初日、雨が降りしきる中、ブロック予選(リーグ戦)での戦いでは、たまたま3勝する事が出来ましたが、最後の試合後お恥ずかしい話ですが、磯の上からコロコロと落下。竿は折れてしまい、着ていた服はやぶれ、体は傷まみれ。今思うと「痛かった」ですよ。
そんなこんなで宴会の席では、明日の試合では「もう、落ちません」と挨拶。
と言いますのも秘策がございまして、初日の朝、前会長の生島さんより勝利のキャラメルを3粒頂き、試合前に1個づつ食べると、これがまた結果が「いいね!」でして、2日目も生島さんに「ありますか?」と尋ねると、「2粒しかないよ」と言われ困っていると、兄か咲村さんに最後の1粒をもらいこれで準備万端です。
準々決勝・準決勝と、「たまたま」「またまた」での勝利。「相手よりちょっとだけ、運が良かった」だけです。
やっぱり決勝戦だけは、緊張と焦りで自分の釣りが上手く噛み合いませんでした。しかし後ろを向くと山田会長をはじめ、咲村さん・西尾さん・兄がいての応援、それと家族・仲間の応援も強く心の支えとなり、勝利の1匹を釣り上げ「優勝」を掴む事が出来ました。
これで、兵釣連・日釣連とチャンピオンになれた事は、自身大変嬉しく思う次第です。
これからも、より一層釣りに精進し、兵釣連・日釣連と盛り上げていけるように頑張って参りたいと思います。どうぞ、宜しくお願いいたします。

現地でお世話になりました主幹団体の三重釣連の皆さまをはじめ、選手・役員の皆さま、この度は色々とお世話になり誠にありがとうございました。

 
 
明翔会姫路 石井 宏明









































広報部